English Afternoon Tea





アフタヌーンティーって、知っていますか?

19世紀初頭より貴族が楽しんできた、

歴史ある英国式アフタヌーンティー。


紅茶、スコーン、サンドウィッチ、ケーキなどが

三段重ねのスタンドに上品に並び、

見ているだけで私の波動がどんどん上がっていく。

実は、ティーカップのソーサーは持ち上げずに

カップだけを口に運ぶのがマナーとされています。

ロンドンの五つ星ホテルから

ローカルなティールームまで。

予算に合わせて楽しめる

イギリスならではのゆとりの空間。

定番のスコーンには、

ジャムとクロテッドクリームを

たっぷり付けて。

クロテッドクリームとは、

イギリスで古くから食べられている乳製品で、

脂肪分が約60%の生乳由来のクリーム。

簡単に言ってしまえば

生クリームとバターの中間にあたるクリームです。

スコーンを横に2つに切って

ジャムとクロテッドクリームをつけるのですが、

どちらを先につけるか、という

論争まであるそうです。

ちなみに、エリザベス女王は

ジャム→クロテッドクリーム

という順番だそうですよ。



スコーンはお菓子づくり初心者でも

とても簡単に作ることができます。


次回はお手軽なイギリスの本場レシピを

ご紹介しますね!


閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示