遠隔レイキの仕組みとは?






飛行機の窓からは、飽きることない壮大な自然界。

時の経つのも忘れ、見つめ続けた雲海。

飛行機はものすごいスピードで、世界中を自由自在。

こんなものを作った人間って、すごいです。


でもね、レイキってもっとすごい。

だって、一瞬にして時空を超えて、

果てしなく遠くにいる人へ

エネルギーを送ることができるのです。

地球の反対側にも、

未来や過去にも、

そして天国に行ってしまったあの人にも・・・。

遠隔レイキとは、時空を超えて

遠くにいる相手にエネルギーを流すこと。

過去や未来にエネルギーを送ること。

こんな風に聞くと、あやしげですか?


でも実際は、それほどあやしくはないのです。







この世に存在するもののうち、現在の科学技術で、


目に見ることができるものの割合はわずか5%、

残りの95%は目に見えないものだと言われています。


そして宇宙物理学の世界では、この見えない95%のうち、

物質が約3割、エネルギーが約7割なのだそうです。

では、目に見えないエネルギーって何でしょう?


空気。

マイナスイオン。

電波。

電気。

音波。

周波数。

匂いも目に見えません。

そう考えると見えないエネルギーってとっても身近。


もう少し範囲を広げると・・・


重力、

引力、

潮の満ち引き、

月の満ち欠け、

惑星の動き・・・

そう、「レイキ」という気も

目に見えない宇宙エネルギーの一つ。


宇宙に漂っている、自然エネルギーなのです。

そして、気功やヨガ、呼吸法やウォーキングなどは

自然エネルギーを体に取り入れるための

エネルギーワークです。


さて、遠隔レイキに話は戻って・・・

物理学には「量子力学」という分野があります。

目に見えない世界の自然法則を研究する分野です。


人間でも植物でも車でも机でも、

この宇宙に存在しているあらゆる物質を分解して、

最小の単位まで極めると

全てが「素粒子」という単位になります。

つまり宇宙に存在する全ての物質は、

もともと同じもの(素粒子)からできている、

ということ。


量子力学によると

粒子というものは、遠くに離れていても

相互に反応し影響しあっている

ということが科学的に証明されています。

つまり、つまり・・・

「見えないエネルギー(レイキ)によって

 粒子を反応させることができる」


「遠く離れていても、

 時空を超えて波動は共鳴する」

ということなのです。



少しはご理解いただけましたか?

それともますます、こんがらがっちゃった?


高校時代の私の一番嫌いな科目は「物理」でした。


先生が何を言っているのか、

チンプンカンプンだったから。

でも、こんな観点から物理学を眺めてみると、

とてもマジカルで神秘性があって、

ワクワクしてきますよね。

難しい話は頭を固くしてしまうだけ。

だから、遠隔レイキの仕組みを理解しようと

あれこれ悩むのはこのくらいにして、

全てを信じてただ宇宙エネルギーに身を委ねましょう。

結局はそれが一番シンプルで、お得な方法なのです。


海亀や珊瑚は満月の頃に産卵し、

牡蠣は満月の日に殻を開くという。

そして野生動物は地震を予知できるという。

だったら私たち人間だって

見えないエネルギーを感じ、使うことができるはず。

テレパシー、直感、虫の知らせ、一目惚れ・・・。

そしてレイキヒーリングは、

私たちに備わっている、自然な能力なんです。

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示