目に見えないエネルギーの世界




宇宙エネルギーのことを


昔から中国では「氣」

インドでは「プラーナ」

ハワイでは「マナ」


と呼んでいました。



日本語にも

「氣」にまつわる表現はたくさんあります。

・気力がない

  =エネルギーの力がない


・気をつかう

  =エネルギーを使うので疲れる


・運気が上がる

  =エネルギーの運びがよくなる


・気が合う

  =エネルギーの波長が合う


・気が短い

  =エネルギーの波長が短い

など、数えはじめたらキリがありません。



そしてもう一つ

忘れてはならないなのは、


ありとあらゆる「物質」自体も、

独自のエネルギーを

持っているということです。


エネルギーというのはなにも、

宇宙空間や自然界の中だけに

限られたことではないのです。



私たちが生きている回りには、

無数のエネルギーが

無限に存在している

ということになります。

 


そのさまざまなエネルギーに

囲まれて生きていくなかで、


いかに良質のエネルギーを

自分に取りいれることができるか、


いかに高い波動に

共鳴できるかによって、


私たちの人生は

大きく変わっていくのです。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示