新月にお願いする方法





今日は新月。

私の夢を新月に意図します。

願うときのヒントを紹介しますので、

是非みなさんも試してみてください。

<ヒントその1> 

新月の時間が来てから、すべてを開始します。

新月は新しいスタート。

「これから、新しい人生が始まります!」

と、唱えましょう。

<ヒントその2>

紙に願い事を書き始めてください。

ぴったりでなくても24時間くらいは

新月の最強パワーが持続していますので大丈夫。

<ヒントその3>

願い事は複数でもOK。

<ヒントその4>

願い事の書き方は、

「〜しますように」「〜なりますように」ではなく

「〜します」「〜です」「〜になります」

または「〜することを意図します」

など、肯定文で書く。

自分で断言してしまうのです!

<ヒントその5>

紙には願いごとの他に

名前と日付と時間を書いてください。

<ヒントその7>

「丹田」ってどこか分かりますか?

おへそのちょっと下あたり。

ここに意識を持ってきます。

<ヒントその8>

外に出るか、または窓を開けて、

外気に触れながら

願い事を声に出して読み上げましょう。

天気が悪くても大丈夫。

月のエネルギーは

間違いなくそこにあります。

<ヒントその9>

これが一番大切!

半信半疑ではなく

「必ず叶う」と信じること。

あなた自身が疑うようでは、

願い事が叶うわけがありません。

あなたの「意識波動」が、

願いを叶える大きな力となるのです。




ヒントは以上です。

特に堅苦しいルールなどはありませんので、

とにかく「必ず叶う」と信じて

新月に自分の夢をアピールしてくださいね。

Good luck !

  

あなたの願い事も

私の願い事も

すべて叶うと信じて。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示