レイキとどうやって出会ったか





十数年前。


まだ小さかった息子たちは

柔道を習っていました。




そして、


柔道の先生だったイギリス人アンディに、

私は日本語を教えていました。



そのころの私は

原因不明のディプレッション。


特に大きな悩みなどないのに

気分は落ちこみがち。



小さなことにクヨクヨしたり、

まわりと比べては自信喪失になったり。



遠足の天気が気になって心配でたまらず、

頭から離れない。


そして案の定、当日は雨。



また落ちこんで、

当然のごとくうまくいかないことばかり。



そんなことのくり返しでした。



ある日、アンディ がいいました。


アンディ 「どうしたの?元気ないね。」


私   「気分がパッとしなくて・・・」



アンデイ「悩みでもあるの?」


私   「ううん何も。でもなぜか憂うつ」



アンディ 「ねえ、Reikiって知ってる?」


私   「Reiki ? なにそれ?」


アンディ「なんだ、日本人のくせに知らないの?」

 


そう、これが、


私がレイキと出会った

運命の瞬間だったのです。

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示