top of page

「否定形のワナ、知ってる?」



普段、なにげなく使っている言葉。

ポジティブ思考で使っていても

案外「否定形」多くないですか?

「不可能はない」

「体に不調はない」

「問題ないですよ」

「緊張しないでいこうね」

これらは全て、いい意味です。

肯定的でHappyな事実。

でもね、実はあまり、

いい使い方ではないのです。



なぜって?

それは、私たちの脳は、

言葉でイメージングをしてしまうから。

それと、私たちの脳は、

否定語を認識しないから。

つまり、脳は

「不可能はない」

の『不可能』だけを大きくイメージして

ないの部分を認識しない。

「体に不調はない」

の『不調』だけを大きくイメージして

ないの部分を認識しない。

「問題ないですよ」

の『問題』だけを大きくイメージして

ないですよの部分を認識しない。

「緊張しないでいこうね」

の『緊張』だけを大きくイメージして

しないでいこうねの部分を認識しないのです。

そして、引き寄せの法則により

イメージしたものの波動と

同じ波動のよくない出来事を

呼び寄せてしまうのです。


だから

「不可能はない」ではなく

「可能性がある」

「体に不調はない」ではなく

「体の調子がいい」

「問題ないですよ」でなく

「うまくいってますよ」

「緊張しないでいこうね」でなく

「リラックスしようね」

同じ意味でも言葉の使い方によって

脳の反応が変わり

波動も変わってくるのです。

波動が変わる

  ⬇️

思考が変わる

  ⬇️

感情が変わる

  ⬇️

行動が変わる

  ⬇️

現実が変わる

だから、これが、

現実は自分の思考が創ると

言われる所以なのです。

あなたも、ぜひこの機会に

一日で否定語を何個使ったか、

数えてみてはいかがでしょうか?

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page