「レイキとの出会い」

更新日:2021年7月27日






イギリスからこんにちは。


レイキマスター のスカイです。



平凡な主婦だった私が、どうやってレイキに出会ったのか、というお話です。

大学生の長男が小学校に入学した頃、柔道を習っていました。

そのイギリス人のアンディ先生に、私はボランティアで日本語を教えていました。

その頃の私は、4人の子育てに追われ(6歳、4歳、2歳、0歳!)

幸せを感じるどころか、カリカリ イライラ そして どんよりと

何かに追い立てられるような、置いてきぼりにされるような、鬱々とした毎日。

アンディ 「どうしたの?元気ないね」

私    「わからない。原因不明のディプレッション。ここのところずっと」

アンディ 「・・・・。ねえ、Reiki って知ってる?」

私    「知らない。何、それ???」

アンディ 「えー、日本人のくせに知らないのー?」

・・・と、さんざんバカにされた末に紹介してくれたのが、

ジョアンという女性レイキマスター。


「だまされたと思って、一度行ってごらん」

というわけで、半ば強引に行かされた、レイキヒーリング。

1時間で25ポンド。(もったいないなぁ・・・)

ベルを鳴らすと、中から占い師のような、おばさんが。

挨拶と雑談の後、ベッドに寝かされ (なんか怪しげ・・・)

両手にクリスタルを握らされ (ますます怪しげ・・・)


1時間じっくりと、頭から爪先まで全身に、無言で手を当ててくれました。

次第に緊張感が和らぎ、徐々に心地よく、眠くなっていきました・・・。







施術直後は何も変化なし。

でも家に戻ると、頭痛と倦怠感のため寝込んでしまったのです。

(これは、体内の自然治癒力の目覚め、調整作用で起こる「好転反応」といいます)



********************


そして翌朝!

目覚めと共に感じた、なんとも表現しようのない幸福感

昨日まで落ち込んでいた私が、心から「人生って楽しい」って、感じられたのです。

なぜ? いいことが起こったわけでもない、状況は昨日と同じなのに。

そしてお水がとても美味しく感じたことを、今でも鮮明に覚えています。

これがレイキとの衝撃的な出会いでした。

その後は自然と鼻歌が出るようになり

「しんどいな」ってあまり思わなくなった自分がいた。

そして、今は私もレイキマスター。


今度は私が皆さんへ、この素晴らしいエネルギーを分け与える番です。

携帯電話に充電が必要なように

私たち人間にも気力の充電が必要です。

レイキによって、最良のエネルギーを

チャージすることができるのです。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示